新築・新居に窓ガラスフィルムをお考えの方へ

お蔭様で当社は新築・新居に窓ガラスフィルムをご検討の方々から多くのお問い合わせを頂いております。

当社にお問い合わせをいただく場合、どなたも窓ガラスフィルムについて詳しくありませんのでフィルム選定を「価格帯」を前提に検討されることがほとんどです。でも折角、新しい家に住むなら価格だけじゃなく施工技術も確認されてみてはいかがでしょうか?

窓ガラスフィルムは「人=技術者」によって施工されますので仕上がりには必ず「差」がでます。業者の違いを判断する場合、どのような基準で考えなければならないか?
私共の場合、その判断基準を「Q、P、S」で分解するフレームワークでPRしています。
【 Qはクオリティ(品質)】、【 Pはプライス(価格) 】、【 Sはサービス 】です。
お客様からお金をいただく製品や技術はすべて「Q(クオリティ)」に当てはめています。「Q(クオリティ)」は当社一番のストロングポイントでもあり、関西では他社よりも圧倒的で技術力の高い仕上がりを提供します。
窓ガラスフィルムでのトラブルは【仕上がりが悪い】、【フィルム選定がイメージと違った】という声がありますが、それは施工する技術者に専門知識と技術が足りないことが問題です。また当社の施工レベルは、多くの同業者からも認められています。
次に「Pはプライス(価格)」に関しては、おそらく最安値での提供ではありませんが低価格ゾーンの位置付けです。
「S(サービス)」は、商品やその価格以外のことを示します。私共は「S(サービス)」の位置づけを「専門性」「正直」「倫理観」としています。
まず専門性は製品知識を含めた経験値から実際に作業をしてみての感想や体験談をお伝えします。メーカー側から聞く説明も参考になりますが、現場の中で分かることもあります。フィルムによっては良いフィルムもあれば、比較してイマイチなフィルムもあったり、サンプルは良く見えるが実際に貼ると首をかしげる製品もあり、こういうのは体験してみないとわかりません。
そして「正直」「倫理観」というのは、私共も稀に「フィルム貼り」を失敗をします。失敗した場合、お客様にそのことを伝えて施工をやり直すようにしています。当たり前に思われるかも知れませんが同業者のほとんどが、その失敗を知らせず黙っておくケースがあります。
ガラスフィルムの正しい選定は、価格帯を含めた実績や施工事例などを考慮して総合的に判断された方がよいかと思います。是非、ご検討の際はお気軽にご相談ください。

下請け業者をお探しの建築・リフォーム関係の方へ

お蔭様で当社は多くの建築・リフォーム関係の方々から窓ガラスフィルムに関する引き合いを頂いております。

建築・リフォーム関係の方々にとって、まずチェックしないといけないことは下請けとなる業者選定が挙げられるかと思います。業者の違いを判断する場合、どのような基準で考えなければならないか?これが難しいポイントです。

私共の場合、その判断基準を「Q、P、S」で分解するフレームワークでPRしています。
【 Qはクオリティ(品質)】、【 Pはプライス(価格) 】、【Sはサービス】です。
当社が元請け様からお金をいただく製品や技術はすべて「Q(クオリティ)」に当てはめています。「Q(クオリティ)」は当社一番のストロングポイントでもあり、他社よりも圧倒的に技術力の高い仕上がりを提供します。
お客様にとって一瞬で信用を失うことは、この「Q(クオリティ)=施工の仕上がり」が粗末なことがほとんどです。私共ではご依頼主に恥を欠かせることは、まずありません。また当社の施工レベルは、多くの同業者からも認められているほどです。
次にPはプライス(価格)に関しては、おそらく最安値での提供ではありませんが低価格ゾーンの位置付けです。
「S(サービス)」は、商品やその価格以外のことを示します。私共は「S(サービス)」の位置づけを「専門性」「正直」「倫理観」としています。
まず専門性は製品知識を含めた経験値による実際に作業をしてみての感想や体験談をお伝えします。メーカー側から聞く説明も参考になりますが、現場の中で分かることもあります。フィルムによっては良いフィルムもあれば、比較してイマイチなフィルムもあったり、サンプルは良く見えるが実際に貼ると首をかしげる製品もあり、こういうのは体験してみないとわかりません。
そして「正直」「倫理観」というのは、私共も稀にフィルム貼りを失敗をします。失敗した場合、お客様にそのことを伝えてやり直すようにしています。当たり前に思われるかも知れませんが同業者のほとんどが、その失敗を知らせず黙っておくケースがあります。
最後にお客様目線で考えた場合、あるいはビジネスのパートナーの立場として、一番ウエイトを置かなければいけないことは、技術でなく、価格でもなく、お互いが信用できる人か?ということかと思います。
業者の違いを判断する場合、どのような判断基準を設けているか?は、企業によって違うと思いますが、私共は信用価値を届けることを第一にして自社の特徴をPRしています。