【施工実績】デザインフィルム・ロゴ看板

 

窓フィルムのお仕事では、遮熱フィルム・目隠しフィルム・防犯フィルム・飛散防止フィルムなど概ねこのあたりのお問い合わせが多いです。
その中で、月に1件・2件ほどは「デザインフィルム」のご相談を受けることがあります。

デザインフィルムの場合、イメージが湧かないというご質問が多かったので、今回イメージについてご紹介したいと思います。

 


★☆ デザインフィルム SH2CLホワイト ★☆

d1

【施工目的】
窓看板が老朽化して文字が剥がれ、文字が読めなくなっています。
そこで新しく窓フィルムを検討。

 

【施工前】
d2

d3

 

【施工後】
d4

「デザインフィルム」を提案させてもらいました。
提案では、文字をしっかりと表現するためにロゴや文字色の濃度は100%しています。しかし背景色である白色の方は50%にしています。これは外の光を部屋に入れるためです。

この背景色は10%~100%の調整ができ、濃度を100%にすると光が遮られ部屋が暗くなるという要素もあります。

 

【施工後】
d5

利点がもう1つあります。
夜の看板です。室内の明かりがフィルムを通しますので窓看板が目立ちます。
他店と比べても、その違いがよくわかります。

背景色が100%だったら光を通しませんが、10%ぐらいになると3階のように明るさが増しますが、明るすぎて文字やロゴが目立たなくなります。

d6

ちなみにフィルムの素材はコチラを使用しています。
スリーエムジャパン製: SH2CLホワイト IJ5362AR-UV
https://multimedia.3m.com/mws/media/1028596O/product-ij5362ar-uv.pdf

●施工実施: 七田チャイルドアカデミー|高槻駅前教室
https://www.shichida.ne.jp/ (大阪府高槻市)

 

【施工の流れ(イメージ)】
d7

 

 


★☆ カッティング ★☆

【施工目的】
窓扉にロゴ文字を入れたい。

【施工前】
d8

 

【施工後】
d9

d10

d11

特にアピールすることではありませんが、一応こういったこともご相談にのれます。こういった場合、内側にミルキーミルキーのような白背景フィルムがあってもオシャレです。

 

●施工実施: ディクトヘアー(兵庫県西宮市)
http://dct-hair.jp/